“傲慢無礼”の読み方と例文
読み方割合
ごうまんぶれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鄭成功はめて四方の豪傑を招いている際であったので、礼を厚うして彼を欵待したが、日を経るにしたがって彼はだんだんに増長して、傲慢無礼の振舞いがたびかさなるので
傲慢無礼にして、人を人とも思わず、我々をつかまえて三ぴんだの、折助だの、口汚なくるのみならず、我々の先棒となっている安直先生をつかまえて、ラッキョ、ラッキョ
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
門閥のに威張るは男子のずべき事である、見苦しきことであると云う観念を生じ、例えば上士下士相対して上士が横風である、私はを見てその上士の傲慢無礼ると同時に
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)