中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう17 閲微草堂筆記(清)17 えつびそうどうひっき(しん)
第十五の男は語る。 「わたくしは最後に『閲微草堂筆記』を受持つことになりましたが、これは前の『子不語』にまさる大物で、作者は観奕道人と署名してありますが、実は清の紀昀であります。紀昀は号を暁嵐といい、 …
作品に特徴的な語句
従弟いとこ たに 谷間たにあい かめ 粗相そそう きん しとね だいだい 羅刹らせつ つと とく 関羽かんう かど 悵然ちょうぜん 追剥おいは あつ かた 色彩いろどり 後光ごこう しん 媾曳あいびき 松脂まつやに 侍女こしもと 獰悪どうあく せん 二更にこう 往々おうおう 階段きざはし 西蔵ちべっと 逆捻さかね 拐引かどわかし 姦通かんつう 荘厳そうごん 進士しんし 演劇しばい 下衣したぎ 傀儡師かいらいし おくりな 口実こうじつ 乾隆けんりゅう 如是我聞にょぜがもん かん 他郷たきょう ひか 茉莉花まつりか 辺僻へんぺき 哀号あいごう 幻術げんじゅつ わた 少尉しょうい 西域せいいき 弾薬たまぐすり 示現じげん 郭子儀かくしぎ 鵝鳥がちょう 欵待かんたい 劉生りゅうせい 崇禎すうてい 徒弟とてい 波羅門ばらもん 美婦びふ 正法しょうほう 男色なんしょく 間牒かんちょう 合薬ごうやく 喇嘛教らまきょう 戯場しばい 粤東えつとう 陰事いんじ 飛天夜叉ひてんやしゃ
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)