“家根”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“家根”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語(児童)16.7%
文学 > 中国文学 > 小説 物語4.7%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
きょうも明るい日が大きいいらかを一面に照らして、堂の家根やねに立っている幾匹の唐獅子からじしの眼を光らせている。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ところが、とりんでって、金工かざりや家根やねまって、こううたしました。