“やね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤネ
語句割合
屋根76.3%
家根17.7%
屋上1.4%
天蓋0.9%
0.9%
鉄蓋0.5%
屋棟0.5%
家峯0.5%
屋蓋0.5%
屋造0.5%
部屋0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
になると、屋根れました。は、ときどき、それらのうつりかわる自然して、ぼんやりながめましたが
ちょうと三つの石 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それから一年あまりの後に家屋の手入れをすると、家根瓦の下から長さ一丈ほどの瓢を発見した。その瓢にもひと筋の矢が透っていた。
(歐洲人は思郷病は山國の民多くこれをふとなせり。)されど又ヱネチアのわが故郷ならぬを奈何せむ。われは悵然として此寺の屋上より降りぬ。
その高い、高い天蓋尖端、それに、朝日が最初の光を投げ、夕日が最後の光を懸ける……。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
火は既にそのに及んで居るけれど、まだすつかり燃え出したといふ程ではなく、半分燃え懸けた窓からは、つた黒い色のがもく/\とじくり出でて、それがすつかり火に為つたならば
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
喬介は鉄蓋の上へい上った。——実際こんな処では、匐っていなければ墜ちてしまう——そして、その上の無数の跡に就いて調べ始めた。
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
一方、鉄蓋の上の足跡を一心に調べていた喬介は、やがて私と司法主任に向って
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
その中の三十里は日本アルプスの屋棟ともいふべき信州を流れて、川幅が最も狭く、傾斜が最も急で、岩石の中でも、最も堅硬な花崗岩や、結晶片岩の中を流れてゐるといふ浸蝕谷であるから
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
日本の屋棟の中心となつてゐる信州の、最南点であり、最低地点でもある、海面からは僅かに二百米突の高さで、西岸は三河との、東岸は遠江との境界になつてゐる、船頭どもは、こゝまで来て
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
家峯の谷になりたる所を俚言にだぎといふ、だぎは春解するやねの雪のしたゝりみなこゝにつたふゆゑ、つらゝはよりも大也、下にさはりなき所は二丈もさがる事あり。
汚れ木綿の屋蓋のもと
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
て二人は根津の西町の町はづれへ出た。石地蔵の佇立むあたりは、向町——所謂穢多町で、草葺屋造が日あたりの好い傾斜に添ふて不規則に並んで居る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「多過ぎるってことがあるものか。さんは逗留するんだから、その間の食費と部屋代だ」
死の航海 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)