気狂い機関車きちがいきかんしゃ
日本犯罪研究会発会式の席上で、数日前に偶然にも懇意になったM警察署の内木司法主任から、不思議な殺人事件の急電を受けて冷い旅舎に真夜中過ぎの夢を破られた青山喬介と私は、クレバネットのレイン・コートに身を包んで烈しい風を真面に受けながら、線路伝 …
作品に特徴的な語句
ふさが はや おじ とっく しゃ 西方むこう 雲母うんぼ しみ ただち 硝子たま 現場ここ フレーム 切通きりとおし 呑口スパウト 本屋ほんおく ならび 俯伏うつぶせ えみ 疾走はし さき ばち 積卸つみおろし やせ すぐ まく 失敗しま おと またが 機構からくり 鉄蓋やね あらかじ 生際はえぎわ 玻璃はり 潜口マンホール 流石さすが すく 蝙蝠こうもり もたら ひそ しずく さび うずくま あし 貴方あなた 貴下あなた 発見みつ 蒼褪あおざ ふと センチ メートル 突墜つきおと 真面まとも 内木うちき マイル フィート 吾々われわれ インチ 吃驚びっくり 匐進ふくしん かたまり 先刻さっき 充行あてが かし 何処どこ 仰有おっしゃ 仕別しわけ わた 乃至ないし 搗固つきかため 汽筩シリンダー 毬栗いがぐり 欠伸あくび 橄欖かんらん てこ 曲線カーブ 曲柄クランク 時化しけ いて 握拳にぎりこぶし ほう 承給うけたまわ 悧巧りこう あて ついで 封度ポンド