“曲線”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
カーブ57.7%
カーヴ11.5%
タワ11.5%
たわ7.7%
きょくせん7.7%
きよくせん3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭こそ青々と丸めて居りますが、柔かい眉の曲線、黒いる瞳、真珠色に少し紅味のさした頬——いやいやそれは物の数でもありません。
百唇の譜 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
新富河岸の橋を曲線しながら、電車は新富座に突きささりそうに朽ちた木橋を渡って行く。坂本町で降りると、汚い公園が目の前にあった。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
男嶽女嶽との間になだれをなした大きな曲線が、又次第に兩方へつて行つてゐる、此二つの峰のの廣い空際。薄れかゝつた茜の雲が、急に輝き出して、白銀の炎をあげて來る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
肌、肩、脇、胸、豊満な姿が、山の曲線の松原の上に現れた。併し、俤に見つゞけた其顔のみはやつれてほの暗かつた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「なるほど、少し御手際が落ちますね。あの表面は超絶的曲線でとうてい普通のファンクションではあらわせないです」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
よしありましても、直線などをんだもので、べた土器のように、曲線だとかだとかだとかのしたものは見當りません。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)