百唇の譜ひゃくしんのふ
二人は葉蔭の濡れ縁に腰をおろして、夕陽の傾くのを忘れて話し込んで居りました。 小田切三也の娘真弓と、その従兄の荒井千代之助は、突き詰めた恋心に、身分も場所柄も、人の見る目も考えては居なかったのです。 千代之助は二十一、荒井家の冷飯食いで、男 …
作品に特徴的な語句
いき かが ひざまず 猟夫ハンター おと 出逢でく つづり おなじ とど かたじ のば 性悪しょうわ ねじ たなごころ 有難ありがと はず 蒐集コレクション 退 すた さわぎ きずつ つと そむ 取出とりだ こう 引締ひきしま かた 思召おぼしめし うらみ 悪戯わるさ つね しば しお 此方こなた あび 滅切めっき すま うたがい そばだ 行暮いきく きびす ひら 間違まちがい つら 一寸ちょっと 丁度ちょうど 不躾ぶしつけ なが 乳母うば しま かね 事毎ことごと 仕舞しま 他所よそ おっ 伯父おじ 何処どこ 何時いつ しか 俯向うつむ 傷手いたで わず 優形やさがた 先刻さっき 兎口みつくち 其儘そのまま まる 剃刀かみそり つんざ 博奕ばくち 双手もろて 双掌もろて 受取うけと 口許くちもと ささや 団栗どんぐり 執抛しつこ ほか 如何いか よろ なだ 容易たやす 小柄こづか 小鬢こびん