“小鬢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こびん98.9%
ごびん1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しるこの鍋をされて、小鬢しく火傷をしながら苦しみ悶えている光景を見た時に、米友の堪忍袋が一時に張り切れました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
おめえと別れて、あれから切支丹屋敷の高塀を越え、中の様子をのでいていると、いきなりおれの小鬢へ、石をぶつけたやつがある。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八五郎は小鬢を掻いて、ヒヨイと頭を下げました。かういふところだけは、小學校の一年生のやうに素直です。