“小鬢:ごびん” の例文
“小鬢:ごびん”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“小鬢:ごびん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
八五郎は小鬢ごびんを掻いて、ヒヨイと頭を下げました。かういふところだけは、小學校の一年生のやうに素直です。