“堪忍袋”の読み方と例文
読み方割合
かんにんぶくろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しるこの鍋をされて、小鬢しく火傷をしながら苦しみ悶えている光景を見た時に、米友の堪忍袋が一時に張り切れました。
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
しかし、時々は胡桃の樹も堪忍袋の緒をきらし、その最後の葉を揺すぶり、我が家の黒い鳥を放し、そしてこう言い返す——
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
「いきましょう、堪忍袋が残業してたのよ」女は青年を押しやった、「みつかるとうるさいじゃないの、早くう」
超過勤務 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)