博物誌はくぶつし
Le Chasseur dimages 朝早くとび起きて、頭はすがすがしく、気持は澄み、からだも夏の衣裳のように軽やかな時にだけ、彼は出かける。別に食い物などは持って行かない。みちみち、新鮮な空気を飲み、健康な香を鼻いっぱいに吸いこむ。猟具 …
作品に特徴的な語句
あま かおり こうづる むな 影像すがた 王子プリンス くち あお 雛鶏ひよこ うかが 証拠あかし きた くう 彼処あそこ づる うだ かご 漏斗ろうと 紅鶴フレミンゴ せん におい へり しぐさ 旱天ひでり たず ぬぐ ごう かぶら 樫鳥かけす ゆか あぶく 釦孔ボタンあな 鉄柵てつさく 腫物できもの くち 階段きざはし かたま ぶくろ くしゃみ 雛鶏ひよっこ 雪崩なだ はね 翡翠かわせみ かけ 頓着とんちゃく 犁牛ヤーク しま うさぎ くら おそ 黒蠅くろばえ つる ふん から あぶ 葉蔭はかげ 葡萄ぶどう かまど ねぎ くぼ 穿 あお 蓮果はちす 蓮華れんげ 空手からて かげ あざみ 薔薇ばら 薪台まきだい 薪束まきたば 薬莢やっきょう わら 蜜蜂みつばち 蟋蟀こおろぎ がま 蝸牛かたつむり ちょう 讃辞さんじ 蝙蝠こうもり 蝋燭ろうそく ろう 蜻蛉とんぼ 蜥蜴とかげ 秣桶まぐさおけ のみ ほたる 蚯蚓みみず