“証拠”のいろいろな読み方と例文
旧字:證據
読み方割合
しょうこ82.1%
しようこ4.7%
あかし4.7%
しるし3.8%
しやうこ1.9%
じょうこ0.9%
せうこ0.9%
たて0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのかわり、家来たちは子ジカのと目を切りとって、それをむすこを殺した証拠として、伯爵のところへもってかえりました。
さんは証拠けたとひなさるか、けたものなら証拠ければならない。
塩原多助旅日記 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
ただ疑の積もりて証拠と凝らん時——ギニヴィアの捕われてに焼かるる時——この時を思えばランスロットの夢はいまだ成らず。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ほほう、物が欲しい。」吉良は、にこにこして、「子供よのう。必ずともに寵愛いたす——との証拠にな。面白いぞ。して何が所望じゃ。」
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
もし集めた書籍であるとすれば、其処に何か全体に通ずる脈絡へてゐなければならぬ。しかし僕の架上の書籍は集まつた書籍である証拠に、糅然紛然としてゐる。
蒐書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
どこへもやらぬ監禁同様という趣で、ひとまず檀那寺まで引き上げることになりましたが、証拠だと言い張って、嫁に衣服を着せることをきませんので、巡査さんが
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「うそぢやありませんよだ。それが証拠にはおのとこにきな刀痕がついてらあ」と威張りました。
「そんならいってえ、何を証拠に、お藤さんにえをかけたんですい?」