“しょうこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
証拠53.1%
商賈12.5%
性懲12.5%
鉦鼓8.1%
商估3.8%
證據1.3%
尚古1.3%
称呼1.3%
鐘鼓1.3%
荘戸0.6%
邵弧0.6%
小鼓0.6%
松姑0.6%
照顧0.6%
笙子0.6%
笙鼓0.6%
證拠0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうだ。きっとそうにちがいない。なによりの証拠に、ベッドにいままで人がかけていたらしいくぼみができているじゃないか」
を慕って、たちまち、商賈や漁夫の家が市をなし、また四方から賢士剣客の集まって来るもの日をおうてえていた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「なんだい、この餓鬼アッ! またこんなところに灰をまきゃアがって! ほんとに、ほんとに性懲りのねえ野郎だよ。にそっくりだッ!」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
鉦鼓喧噪してひたすらに幽霊の追却にめているのは、これまた仏教の圏外のものであるらしいことは、数年前にもすでにこれを説いたが
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかし他家に仕えようという念もなく、商估をも好まぬので、家の菩提所なる本所普賢寺の一房に僦居し、日ごとにでて謡を歌って銭をうた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
何よりの證據は、あの死骸の悪相だ、般若の面そっくりだというぜ
我々がで語りつ考えてみようとするのは、当世にいわゆる生活改善、すなわち生活方法の計画ある変更に、はたしてどのくらいまで新し味があり、またこの時代の尚古趣味
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかし現実のあり方から見れば、そのようなしい称呼が一番適当しているのかも知れなかった。にがい思いが咽喉までのぼって来たが、彼はそれをおさえて高城に問い返していた。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
「礼と云い礼と云う。玉帛を云わんや。と云い楽と云う。鐘鼓を云わんや。」などというと大いにんで聞いているが、曲礼の細則を説く段になるとにわかにまらなさそうな顔をする。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
警板銅鑼を合図に、たちまち、九紋龍の家には小作人や荘戸(村人)の若者が、まるでよく訓練された兵隊のように集まってきて、たちまち守りを固めてしまったという。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すぐ見つけた荘戸土兵は、二人を取り囲んで門内へしょッいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この事は邵弧の話と同じく明末の事であるが、いずれが前、いずれが後ということは解らない。
五通 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
呉中の質屋に邵弧という者があった。
五通 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
金鈴小鼓を鳴らしながら今し勅使の将軍を仙院へ迎える礼をとっているものだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
公子の妹の嬌娜と松姑が伴れだって来た。親子はいそいで内寝へ入った。しばらくして公子は嬌娜を伴れて来て孔生を見せた。
嬌娜 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
いっさいの建設は個々人が脚下照顧しつつ、一隅を照らす努力をうことによってのみ可能であることを力説し、最後にそれを青年団と政治の問題に結びつけた。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
彼は能弁ではあったが、要領をむ術に欠けていた。むやみに埴谷図書助の非を述べ、慷慨し、そして笙子という令嬢を警戒せよと云った。
半之助祝言 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
笙鼓を鳴らして、人々は歌う。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてそれには證拠がある。それは予審の調書である。
死の復讐 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)