日の果てひのはて
暁方、部隊長室から呼びに来た。跫音が階段を登り網扉を叩く前に、落葉の径を踏んで来る靴の気配で、彼は既に浅い眠りから浮上するようにして覚めていた。当番兵の佐伯の声である。網扉のむこうで薄黝く影が動くのが見えたが、すぐ行く、と彼は返事をしたまま …
作品に特徴的な語句
おお 住民シビリアン うつ おさ きゅう しな ともしび かたくな ひろ 蝶番ちょうつが はず 手拭てぬぐ かろ 独白どくはく 鶏卵けいらん かわ 疾風しっぷう ふう にわ 候鳥こうちょう にく 雲母うんも おのずか 公算こうさん 凝視ぎょうし こいし よろ くさり 穀倉こくそう つつみ つか 耳朶じだ たず 召還しょうかん 詳細しょうさい 糧食りょうしょく 撃鉄げきてつ 茶番ちゃばん 行嚢こうのう 苛烈かれつ 花片はなびら しん 船倉せんそう 自棄やけ 膝頭ひざがしら そむ ひじ また 肋骨ろっこつ 老獪ろうかい 羞恥しゅうち 羊歯しだ ののし 繁殖はんしょく ふち つづ こわ 独楽こま 献身けんしん なお 生気せいき 甲高かんだか うず 痙攣けいれん たん 益々ますます 真蒼まっさお 眼花めばな ひとみ まぶた 矜持きょうじ 破倫はりん 破目はめ キロ 網扉あみとびら 絨氈じゅうたん 素気そっけ まぎ 紅潮こうちょう 糧秣りょうまつ 粟立あわだ あわ 節々ふしぶし かわら 称呼しょうこ 突如とつじょ はず もみ