“網目”の読み方と例文
読み方割合
あみめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して木の葉の網目る日光が金の斑点を地に落すあの白樺の林の逍遙! 先生も其処に眠って居られる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
それは、このしからぬ一味が、当局の厳しい取締の網目をすりぬけて此処満洲を堂々と貸切列車で押し進んでいっているということから考えても、それとけるだろうと思う。
キド効果 (新字新仮名) / 海野十三(著)
地面には梢の網目をのがれた光線が散乱しながら落ちていた。密林の彼方で、太陽がすでに登り始めたのであろう。樹々は新芽を立てながら同時に古びた葉を梢から散らしていた。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)