“羊歯”のいろいろな読み方と例文
旧字:羊齒
読み方割合
しだ97.3%
シダ2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「庭へ羊歯を植えて置くようにと言われたんですが、何処へ植えろとおっしゃったんだか、すっかり忘れてしまいましたもんで……」
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
羊歯に似た、ヘゴといふ植物が富岡には珍しい。ダラットの奥地にもこの羊歯は到るところに繁つてゐた。内地の鬼羊歯に似てゐる。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
こうやって、若々しい楓の枝かげに、を出したばかりの春の羊歯の葉に飾られてある壕は風雅ですが。十分深くもあるようですが。
削り掛けの一種に接骨木や竹にさす削り花のある其らしく、同じ糸にたぐり寄せられる物には、楢の木のぎ口を丁字形に切りこんで羊歯の葉を挿し
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)