美しい村うつくしいむら
天の灝気の薄明に優しく会釈をしようとして、 命の脈が又新しく活溌に打っている。 こら。下界。お前はゆうべも職を曠うしなかった。 そしてけさ疲が直って、己の足の下で息をしている。 もう快楽を以て己を取り巻きはじめる。 断えず最高の存在へと志ざ …
作品に特徴的な語句
悪戯いらずら むつか 季節シイズン うわ むなしゅ こご 思惟イデエ ぼや かお しば おとず かたわ 可愛かわ あか 下枝したえ おと とざ 微笑びしょう たた むな まな なな あせ 出会であい 一塊ひとかたま かたくな 陰影ニュアンス たが 幻像イマアジュ さえ 見透みす むし ぎく あるい 疲労ひろう せん 旋律メロディ めず 物哀ものあわ 出会であ なめ かえ 別離べつり 別館べっかん きたな しる うば むすめ 小柄こがら 巨人きょじん おれ ひさし ゆか たび 彼女かのじょ 徐々じょじょ いそが あや こわ おろ にな かか つか えが しな 明瞭はっきり ひま しば さら 木樵きこ だれ 追憶ついおく やわら けん 躊躇ためら きびす ちんば 薄明うすあか 背負せお よし のが わか