“節々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふしぶし76.9%
ふし/″\12.8%
おりおり2.6%
せつせつ2.6%
ふしふし2.6%
ふし/\2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎朝、彼が母屋の中央の贅沢な呉蓙の上で醒を覚ます時は、身体は終夜の労働にぐったりと疲れ、節々がズキズキと痛むのである。
南島譚:01 幸福 (新字新仮名) / 中島敦(著)
「今こゝにゐらつしやるよ。」外交官は節々の高い指で皺くちやな夫人の顔を撫で廻した。「演説はたしかに大受けだつたね。」
青年は水車場を立ち出でてそのままの方へと足をしつ、節々空を打ち仰ぎたり。間もなくでぬ。
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それならば食事をうより外に人を通わせぬよう致しますか、し余り牢住居ではないか、ムヽ勝手とならば仕方がない、新聞けは節々ましょう、ハテらぬとは悪い合点
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
はと節々
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
……やれ、しや! こりゃいわ、んで、節々固硬って、こりゃかられてから最早しい。