“節季”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せっき76.5%
せつき23.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
師走に想像をしくしてはならぬと申し渡された次第でないから、節季に正月らしい振をして何か書いて置けば、年内にいといて
元日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
農夫の立場から見れば、嫁取聟入・御産・元服・節季・正月などという語と同じ程度に、胸のきなしには用いることのできぬ語であった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
莞爾としてきながら、よし/\もよし、蒲鉾旅店口取でお知己烏賊鹽辛節季をかけて漬物屋のびらで外郎小本物語懇意なるべし。
城の石垣 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
然樣云るゝと實に面目次第もなし併し年中御世話にばかりなり其上節季師走押迫ての金の才覺り心なしに御話しも出來ぬゆゑころなく淺草田町の利兵衞と云國者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)