わかれ
わが青年の名を田宮峰二郎と呼び、かれが住む茅屋は丘の半腹にたちて美わしき庭これを囲み細き流れの北の方より走り来て庭を貫きたり。流れの岸には紅楓の類を植えそのほかの庭樹には松、桜、梅など多かり、栗樹などの雑わるは地柄なるべし、——区何町の豪商 …
作品に特徴的な語句
めぐら かしら まわ せい あや 寂寥さびし 停止たたず 茅屋くさや 行程みち かお 雨滴しずく 生国ふるさと 蒼白あおしろ おも こころ よぎ 長男かしら かたわ おく もつ 真直ますぐ 湿うるお むな 永久とこしえ うる 老翁おきな ちがや 幾千すうせん 姉妹はらから 回転めく しろかね 一端はし 静寂しずか 町人まちびと もの いや 理由いわれ 物語はなし いや 回転めぐ 節々おりおり くれない 遠方おちかた 終夜よすがら 栗樹くり 近所あたり 羽翼はね あた 天稟てんりん とま 自己おの さお たなごころ とど 衷心うち 西端にしはずれ 左右そう 赤児やや 庭樹 誤謬あやまり あわれ あざ まば たま 一抱ひとかか ことわり 白砂はくさ 独言ひとりご まこと 牛乳ちち 熱沙ねっしゃ 真中まなか 真白ましろ まなこ 万事よろず 紅楓もみじ 水際みぎわ 紅黄こうこう 枯葉こよう 旅路たびじ まね なつ ちまた 装衣いでたち のち たび 五月いつつき 大皿おおざら たが