“行程”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうてい28.6%
みちのり21.4%
かうてい21.4%
プロセス7.1%
つとめ7.1%
みち7.1%
ゆき7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つまり三ヶ月のうちに、火星の方が自分でこっちへ近づいてくれるから、それだけ新月号の方では行程短縮することができるわけだった。
三十年後の世界 (新字新仮名) / 海野十三(著)
余与京水と同行十人小千谷をはなれて西の方●新保村●薮川新田などいふ村々を一宮といふ村にいたる、山間篆畦曲節行程一里半なり。
兵營からに十行程と、息詰るやうにしする空氣と、たさと空腹とにされて、兵士達れきつてゐた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
像の不思議な後光に打衝って、初老期の禁ぜられた性的願望が、如何なる症状に転化して行ったか——その行程が明瞭になる。
後光殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
既にもう一生の行程を終つた爺さん婆さんの群ばかりで無く、随分種々繁忙しい職業に従ふ人々まで、其を聴かうとして熱心に集ふのを見ても
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
恋ちょう真清水をくみ得てしばしは永久の天を夢むといえども、この夢はさめやすくさむれば、またそのさびしき行程にのぼらざるを得ず、かくて小暗き墓の門に達するまで
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
たま/\の旅行だし、靜岡まで行程して、都合で、あれから久能𢌞つて、龍華寺——一方ならず、のつたないつてくれた齋藤信策)さんのがある——其處參詣して
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)