“旅行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょこう32.2%
りよかう27.1%
たび25.4%
りよこう10.2%
たびゆ3.4%
たびゆき1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「だいぶんかになった。旅行にはいい時分である。幾日かかるかしれないが、この領地一巡りしてこようとう。」
太陽とかわず (新字新仮名) / 小川未明(著)
元來膝栗毛的旅行であるから、面倒はない、手提革包一個船室投込んだまゝ春枝夫人等船室づれた。
それは今、私がこの邸を退きますと、もう隅々まで家中がくなる。明さんも思い直して、またここを出て旅行立ちをなさいます。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
外國人命懸けでないと旅行出來ないである。國民はあゝ度々地震火災まされてもしもりないものゝようである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
喜多村が旅行きののことで、白糸の後の幕の扮装のままでくると、手軽に飲みこみよく話をはこんでいた。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
旅行に行くと知らずて母父言申さずて今ぞしけ」(巻二十・四三七六)の結句が、「悔しき」の訛で、「かなしき」を「かなしけ」と云ったのと同じである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)