“たび”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タビ
語句割合
40.6%
足袋27.7%
25.0%
2.3%
旅行1.9%
0.3%
0.3%
他国0.1%
放浪0.1%
地方0.1%
手火0.1%
他郷0.1%
0.1%
旅寓0.1%
旅所0.1%
旅路0.1%
異郷0.1%
0.1%
踏皮0.1%
都度0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かされて、くが——思出しては、歸途に、つい、かされる。——いつも日暮になる。
長岡家に養われてからは、なり振りも小綺麗に、前髪もきちんとって、伊織は、奉公人らしくなく、足袋まで白いのを穿いていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そうすればきもは、あの薬屋れるし、は、じゅうのものでたべられるし、で、おにすることができるのだ。
猟師と薬屋の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
……に、銀杏返が、縦横しくれて、まんのふら/\としくるのが、影法師つて、障子る……
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
でも左樣だが、戰爭首途とか、旅行首途しでもがあれば、多少けずにはられぬのである。
さるにこの継母といふは、お袖が家へ来るまでに、既に三も他へきて、いづれも不縁になりしといへば、ほんの出来合いの間に合はせものにてとうてい永持ちのせむやうはなし。
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
長浜村まで出てみれば、盆踊が始まっている。浜の砂の上に大きなを作って踊る。男も女も、手拭の頬冠をして、着物の裾を片折って帯にんでいる。はだしもあるが、多くは素足である。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
他国人間と思って軽蔑するか。一人と思うて侮るか。サア鰤をば返せ。返されんチ云うなら二人とも警察まで来い。サア来い」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
元来この棕梠箒売という人種は、日本中、どこへ行っても他国の者が多い。従ってどことなく言葉癖が違っている上に、根性のヒネクレた人間が珍らしくない。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ブリヂット そんなに長く放浪をしていてそんなに弱りもしないのは不思議だわねえ。
マイケル 放浪をしていたら寂しいだろうね、おばあさん?
匆々しかし地方は有難くない。——そうした、ぞんきな、一すじな料簡をもつことにおいて西巻はかれより二十幾つも若い田代と相如くものがあった。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
会社では地方へ出すつもりでいたのを師匠が強情張って無理にあけさせた本郷の芝居、それがあんまりぞっとした景気をみせなかったのである、従ってそこに、師匠と会社との間に
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
やがて、琴と笛と法螺とがやかに王宮のの方から響いて来た。十人の大夫手火をかかげて白洲の方へ進んで来た。続いて、を持った三人の宿禰が進んで来た。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
群衆はびの声を上げつつ彼らの後に動揺めいた。手火松明が入り乱れた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
あれはどんなに酔払っても俺にもそんな話はしないが、俺はこのごろになってようよう、彼がああして家を出て他郷で商売をする気になった心持が解ったよ。
贋物 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
前にたび出て来ているアンドリウス氏と、ハリイ・ジョンソン。
アリゾナの女虎 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
「ねえ加賀田さん、学校では好きぢやないも交つて遊ぶのですから、私それよりもいゝことはないかと考へましたの、あのおに帰りました時ね、学校の太鼓のなるまでお旅所の処の大きい燈籠へ上つて遊ばないこと。」
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
昨日までは經廻旅路しきらふとては一人もなく、明星しきみ、晩照華美なる景色むるにも一人吾心むるのみであつたが
そればかりか、この頃では、おさんまであたしにきつう眼を見張るやうになつたんだもの。ほんとのことを言へば、あたし異郷にゐた時の方がよつぽど楽しかつたと思ふわ。
御つぎにて候か、又御またせ候てのちに御さかな給候て、くこん給候べく候
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
横幅廣く結ひ下げて、平塵の細鞘、に下げ、摺皮踏皮に同じ色の行纏穿ちしは、何れ由緒ある人の公達と思はれたり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
そうするとその都度に胸が微かにドキドキして、顔がポーッと火熱るような気がしたのは今から考えても不思議な現象であった。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
またの焦ぐるも知らね
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)