“摺皮”の読み方と例文
読み方割合
すりかは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
横幅廣く結ひ下げて、平塵の細鞘、に下げ、摺皮踏皮に同じ色の行纏穿ちしは、何れ由緒ある人の公達と思はれたり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
されど自慢の頬鬢掻撫づるもなく、青黛の跡絶えず鮮かにして、萌黄狩衣摺皮藺草履など、よろづ派手やかなる出立は人目にうべくもあらず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)