私の生ひ立ちわたしのおいたち
私の生ひ立ち一 学校へ行く私が、黒繻子(くろじゆす)の襟(えり)の懸つた、茶色地に白の筋違(すぢか)ひ雨(あめ)と紅(べに)の蔦の模様のある絹縮(きぬちゞみ)の袢纏(はんてん)を着初めましたのは、八歳(やつつ)位のことのやうに思つて居ます。 …
作品に特徴的な語句
かう はづ ていぶる はし 可愛かは げん たん 暖炉すとーぶ 斜向すぢむか 軒燈けんどう 灯明ひあか 充満いつばい 幻影まばろし おろ ぢやう さが とほり 老婢らうひ いづ にはとり 中風ちゆうぶ 羞恥はにかみ さう 清水きよみづ 命令いひつ 真実ほんたう きつ 充満いつぱい はづ 半巾はんはゞ 午後ひるから 船暈ふなゑひ 地方ぢかた ちう 筋違すぢか 住居すまゐ おなじ 此方こつち 螽斯いなご はらひ 腫物おでき をどり あひだ 開口あぐち 大谷おほたに 出来でけ ぢい 刺繍ぬひ すゝき てる しな あた 母様かあさん 四歳よつつ 御陵ごりよう 悪戯いたづら おく とゞろ 毛布けつと 渡御とぎよ 一所いつしよ 小使こづかひ うしろ 灰白はひじろ 指折ゆびをり 竹簀たけず せん すけ あが 真紅まつか けん 横町よこまち 阿呆あはう 八歳やつつ 男女なんによ 方違かたたがへ 真直まつすぐ 旅所たび びき 三歳みつつ 使つかひ せな ともゑ 継母まゝはゝ あやま まう 小母をば 薄倖ふしあはせ 少女をとめ 河内かはち 藤間ふぢま 薄黄うすき