銀鼎ぎんかなえ
汽車は寂しかつた。 わが友なる——園が、自から私に話した——其のお話をするのに、念のため時間表を繰つて見ると、奥州白河に着いたのは夜の十二時二十四分で—— 上野を立つたのが六時半である。 五月の上旬……とは言ふが、まだ梅雨には入らない。けれ …
作品に特徴的な語句
ざむらひ あゝたか ひた 上下あとさき したゝ 空腹ひもじい なや きやう 頬被ほうかむり くらがり みづ しみ おとづ どあ ぱつ さびし ぎやう ぱう おほき とむらひ あかし うつくし 御酒おんさけ もう 機会をり ふん しづま かゞ 矢張やつぱ うへ 甘味おいし ふさ 附着くつゝ がほ 跫音きようおん 惘然まうぜん 真個まつたく しな 容器うつは 突立つきた 牛乳ぎうにう やはら はだ ともし しきり まへ きり しづ ぷん 龍頭たつがしら おもひ きふ しを つくば いはほ さま じやく おほ すく 手摺てずれ 小留をやみ 轅棒かぢ ちひ 寂然しん いへ とほ ぢやう はう 女気をんなげ あかる 暗中やみ くわい 苦笑くせう しゆ そゝの あひだ きつ 此方こつち 反返ぞりがへ 死去しきよ たび そゝ 群集ぐんしふ きれ つめた 笈摺おひずり とも 乗組のりこ をに かほ ぢい 住居すまゐ