“繁忙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんぼう71.4%
いそがし14.3%
せは14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてそれを呉押獄へ授けたが、折ふし曹操の病が重態を伝えられ、宮門の内外も各役所も何となく繁忙と緊張を加えていたので
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其頃もう小皺が額に寄つてゐて、持病の胃弱の所為か、全然光沢がなかつた。繁忙続きの揚句は、屹度一日枕についたものである。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
既にもう一生の行程を終つた爺さん婆さんの群ばかりで無く、随分種々繁忙しい職業に従ふ人々まで、其を聴かうとして熱心に集ふのを見ても
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)