“繁忙”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はんぼう71.4%
いそがし14.3%
せは14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“繁忙”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大炊介がそこへ入って、幾刻いくときともたたないうちに、表の政務所のほうでは、にわかに繁忙はんぼうなうごきが現われていた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また郭嘉の子郭奕かくえきを取り立てなどして、帰来、宰相としての彼は、陣中以上、政務に繁忙はんぼうであった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
繁忙いそがし続きの揚句は、屹度一日枕についたものである。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
既にもう一生の行程つとめを終つた爺さん婆さんの群ばかりで無く、随分種々さま/″\繁忙せはしい職業に従ふ人々まで、其を聴かうとして熱心に集ふのを見ても、いかに斯の飯山の町が昔風の宗教と信仰との土地であるかを想像させる。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)