“独言”のいろいろな読み方と例文
旧字:獨言
読み方割合
ひとりごと90.2%
ひとりご6.1%
つぶや1.2%
ひとりごち1.2%
つぶやき0.8%
つぶやく0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可厭だぜ。」と押殺した低声独言を云ったと思うと、ばさりと幕摺れに、ふらついて、隅から蹌踉け込んで見えなくなった。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「医者のあの口振りじゃ、九分九厘むつかしそうなんだが……全くそんなんだろうか」と情なさそうに独言ちて、お光は目を拭った。
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
小山夏吉は、半ば独言いて嘆息して、そうに猪口した手がふるえた。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
げても頓着せず、何とか絶えず独言つつ鉄葉洋燈火屋無しの裸火、赤黒き光を放つと同時に開眸一見、三吉慄然として「娑婆じゃねえ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五十間も隔たる向河岸ながら、手に取るように其独言が響くと間もなく、手桶を置いて片手ながら、反対にの縄をぐっと引いた。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
美人は正坐に堪えざりけん、居坐乱して泣きくずおれり上げつつ独言よう
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)