深川女房ふかがわにょうぼう
深川八幡前の小奇麗な鳥屋の二階に、間鴨か何かをジワジワ言わせながら、水昆炉を真中に男女の差向い。男は色の黒い苦み走った、骨組の岩畳な二十七八の若者で、花色裏の盲縞の着物に、同じ盲縞の羽織の襟を洩れて、印譜散らしの渋い緞子の裏、一本筋の幅の詰 …
作品に特徴的な語句
わッし 退すべ はした あてが 先方さきかた はお はぐ もど なか なら 周囲いまわり 阿母おッか しばたた 出合でッくわ ふくろ わっし ちゃん 打遣うッちゃ いど おつ おいら つら わずら まめ かた あら へッつい 一巻いちまき がたき むく しか 小児がき しずく かたづ ぱじ 大店おおたな めえ 男女おとこおんな はた あった がら くすぶ いじ 格子ごうし めか はず わし おら 翌年あくるとし うそ はず 目色まなざし かか 線香せんこ 出来でか あざ 消化こなれ 浦塩うらじお はな こわ 馬食ぱく 下剤くだし 間鴨あいがも 明日あした かみ 数瞬しばたた 框際かまちぎわ あが 横浜はま しお なつ はた