“間鴨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あい50.0%
あいがも50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“間鴨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
それから間鴨あいをもう二人前
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
深川八幡前の小奇麗な鳥屋の二階に、間鴨あいがもか何かをジワジワ言わせながら、水昆炉みずこんろを真中に男女の差向い。
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)