“あい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アイ
語句割合
27.1%
21.2%
16.6%
15.8%
12.2%
0.9%
0.9%
0.8%
0.8%
0.3%
0.2%
彼女0.2%
0.2%
0.2%
安居0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
相伴0.2%
0.2%
適合0.2%
間隔0.2%
間鴨0.2%
阿唯0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
𩼳0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を人工的に合成する法が出来て以来、人造藍の需要が増すにつれて天然藍の産額が減ずる傾向をもっているのは著しい現象である。
話の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
早稻田たものは早稻田し。大學たものは大學するのは當然で、諸君其出身學校らるゝでしよう。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
○物理の要するところ、人と教とは人間の幸福において互に連結するをもって、これを担当すべき人の督理に多少相従わざるを得ず。
を、わずか二つ三つの羽ばたきでさっとくるなり、投げあげられた棒切れを、パクリとくわえて、かれのそばまで降りてきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
アア、そうそう、この犯罪には星田さんもかかりがあったのでしたね。その『完全な犯罪』っていう合言葉みたいなものは、一体何を
おのれにまさりて物しれる人は高ききを選ばず常に見て事尋ねとひ、あるは物語をまほしくおもふを、けふは頃にはめづらしく日影あたたかに久堅の空晴渡りてのどかなれば
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
まわりにいた諸洞の蛮将たちは、何か口々に騒いで、孟獲を抱きとめ、董荼奴のために、を乞うことしきりであった。だが
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
※。」かすかなかすかな声が遠くの遠くから聞えました。一郎はそっちへかけ出しました。そして泣きながら何べんも「楢夫ぉ、楢夫ぉ。」と叫びました。
ひかりの素足 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
前が膝頭が少し出ていても合そうとも仕ない、見ると逆上せて顔を赤くして眼は涙に潤み、りに啜泣をている。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
たゞ、和蘭陀の貴公子の、先刻から娘に通はすへた目の美しさ。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
乳母 はい/\、りまする、でもな、はいではをられませぬ、くのをめて、「」とはッしゃったとふと。
これ、おにゃったがならば、や。さうでなくばや。たった一言二言此身生死るのぢや。
彼女の事じゃ、わたしも実に困いましたよ。銭はつかう、とけんかまでする、そのあげくにゃ鬼婆のごと言わるる、得のいかン媳御じゃってな、山木さん——。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
そいばかいか彼女が死んだと聞いたから、弔儀に田崎をやって、生花をなあ、やったと思いなさい。礼どころか——突っ返して来申した。失礼じゃごあはんか、なあ山木さん
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
右の溌猴は、心さわがしく、性急だから、人さきにに出掛けて、ひとつ蛇の目を取巻くのに、かさなるに従って、自然とおなじ顔が集るが、星座のこの分野に当っては
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
思うに、近親の者たちが、連れを失ったこの老父に、更に息子の仕えている藩の大変を知らせては、余りにも傷ましいと考えて、秘していたのかもわからない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
籐椅子に身をうづめた光代はこれ等の会話を聴きながら黙つて深い瞳をぢつと山の闇に凝らしてゐた。彼女は身動きもしなかつた。いや、さう言ふのは適当ではない。
水と砂 (新字旧仮名) / 神西清(著)
云へ御殿場迄旦那殿讓合う中何時か我家のへ來りしが日は西山へ入て薄暗ければ外より是お里遠州の兄が來たと云にお里はと云出る此家のへ昔は然るべき百姓とも云るれど今は軒端きて蔦葛糸瓜の花の住荒したるが家に娘のお里は十七歳縹致
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これを漢字に当てめると『』ともなれば『』ともなる。『』ともなれば『』ともなる。そうかと思うと『』ともなる。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
……身邊には、にくそんな新造ないが、とに、ふくろにして不氣味がる。がふくろのは、そんな生優しいものではない。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
誘って、夕刻から相伴をしに来てくれ、語り残したこともあるで
ボニン島物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
時々、胸襟を開いて話をしては馬鹿を見る、度々「お前もか」というような目にて、失望することが多い。要するに吾々日本人は、人格なるものを認知し得ないのではなかろうか。
人格を認知せざる国民 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
その汚点しく血痕だったのです。極めて稀薄だけれど、血で附着した手型に相違なく、殊にそれは、事件の発見以来その家に出入した何人の手にも適合ません。
間隔は相当へだたっていたが、高原の空気は澄み返り、雑音がらないためでもあろう、粒立って声が聞こえて来た。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
手を叩いて女中を呼び、「おいさん、銚子の代りを……熱く頼むよ。それから間鴨をもう二人前、雑物を交ぜてね」
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
この家に若き男もあらざれば兄さんとはわれの事なるべし。小娘の声にて阿唯といらえしたる後は何の話もなくただ玉蜀黍をむく音のみはらはらと響きたり。
旅の旅の旅 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
これを漢字に当てめると『』ともなれば『』ともなる。『』ともなれば『』ともなる。そうかと思うと『』ともなる。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
たら勝手に飽くさ。』と私は笑つた。
我等の一団と彼 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
されて、だれの
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
これを漢字に当てめると『』ともなれば『』ともなる。『』ともなれば『』ともなる。そうかと思うと『』ともなる。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
小鰺だの、𩼳だの、「おせんころし」という鯛のような形をした、せいぜい五、六センチほどの小魚などは、いちいち料理する手間が惜しまれるほどのチビ魚だが
瀬戸内の小魚たち (新字新仮名) / 壺井栄(著)