“大學”の読み方と例文
新字:大学
読み方割合
だいがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
早稻田たものは早稻田し。大學たものは大學するのは當然で、諸君其出身學校らるゝでしよう。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
不可能で、其目的のみの大學でもなし博物館でもない、今一息といふ岡目其所突入するだけの餘地いでもい。
自分大學にゐた時分は、醫學猶且錬金術や、形而上學などと運命るものとふてゐたが、進歩である。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)