“錬金術”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんきんじゅつ66.7%
アルケミイ22.2%
れんきんじゆつ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし魔術とか錬金術れんきんじゅつとか、occult sciences の話になると、氏は必ずもの悲しそうに頭とパイプとを一しょに振りながら
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この時代、天下を横行した錬金術れんきんじゅつというのは、すこぶる大きな目標を持っていました。
科学が臍を曲げた話 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
自分じぶん大学だいがくにいた時分じぶんは、医学いがくもやはり、錬金術れんきんじゅつや、形而上学けいじじょうがくなどとおな運命うんめいいたるものとおもうていたが、じつおどろ進歩しんぽである。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
奇術の起源を古代にさかのぼれば古くは原始呪術から、あらゆる偽宗教のまどわし、中世のウィッチクラフトや錬金術れんきんじゅつなどと縁を引いているし、日本でいえば「書紀」にしるされている大陸渡来の呪禁師じゅごんしすなわち呪師のろんじがやはり呪医と曲芸奇術を兼ね行なったのに始まり
探偵小説の「謎」 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「まあさ。議論だから、だまって聞くがいい。どうして借りた金を返さずに済ますかが問題であるごとく、どうしたら死なずに済むかが問題である。いな問題であった。錬金術れんきんじゅつはこれである。すべての錬金術は失敗した。人間はどうしても死ななければならん事が分明ぶんみょうになった」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
かれの錬金術アルケミイと遺書によるカタルシスは、どれほどわたしに、恐怖的な迷惑をかけたであらうか! かれはアリストテレスをかざして、古典的悲劇を、そのカタストロフィを、身ぶりあやしげに、説いてきかせる。
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
つまり、その分析綜合の理を云うのです。私はある憎むべき人物が、博士を殺した微妙な方法を知ると同時に、初めて、占星術アストロロジイ錬金術アルケミイの妙味を知ることが出来ました。確か博士は、へやの中央で足を扉の方に向け、心臓に突き立てた短剣のつかを固く握り締めて倒れていたのでしたね。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
かれは、きやらめるをしやぶりながら錬金術アルケミイを説く。
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
自分じぶん大學だいがくにゐた時分じぶんは、醫學いがく猶且やはり錬金術れんきんじゆつや、形而上學けいじゝやうがくなどとおな運命うんめいいたるものとおもふてゐたが、じつおどろ進歩しんぽである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)