“錬金術”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんきんじゅつ66.7%
アルケミイ22.2%
れんきんじゆつ11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分大学にいた時分は、医学もやはり、錬金術や、形而上学などと運命るものとうていたが、進歩である。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
私はある憎むべき人物が、博士を殺した微妙な方法を知ると同時に、初めて、占星術錬金術の妙味を知ることが出来ました。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
自分大學にゐた時分は、醫學猶且錬金術や、形而上學などと運命るものとふてゐたが、進歩である。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)