我等の一団と彼われらのいちだんとかれ
人が大勢集つてゐると、おのづから其の間に色分けが出來て來る——所謂黨派といふものが生れる。これは何も珍らしいことではないが、私の此間までゐたT——新聞の社會記者の中にもそれがあつた。初めから主義とか、意見とかを立てゝ其の下に集つたといふでも …
作品に特徴的な語句
かこづ はなし なか どう あい はた いづ 岩窟いはあな ゆつく いぢ こつ おま 早々さつさ ひそか やつ かま 以前まへ こた かゝ 此方こつち ほん そつ 轉覆ひつくり ちつ はひ 周圍あたり つま あなが 彼時あれ とく まづ あが 明瞭はつきり 時間ひま 正氣せいき つか 結末しまひ 縁邊みより 轉覆ひつくら 僻見ひがみ 先刻さつき わい 喫驚びつくり 外方そつぽ 就中なかんづく 平生いつも ゆか えつ わざ 手焙てあぶ 放棄うつちや 教養カルチュア 流行はやり あま おとな 空隙すき さいな にじ ころ 阿諛おべつか つら 韜晦たうくわい 中央まんなか ぬし 交際つきあ 何故なぜ たま かし うち ひや 冷評ひやか 劍突けんつく 反響こだま つぐ なん 室借まがり 張子はりこ 從頭てんで 所爲せゐ 掏摸すり