“正氣”のいろいろな読み方と例文
新字:正気
読み方割合
しやうき53.8%
しようき15.4%
せいき15.4%
せうき7.7%
むき7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何時迄狂氣でも有まじ其内には正氣に成るべしとて歸り是も隱居所へ入置はせしに追々正氣に相成ければ又々以前の如く産婦取揚
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
身體るくばむがよし、御醫者にかゝるも仕方がなけれど、おひはれではなしにさへ持直せば何處があろう、しは正氣つて勉強をしてされといふ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
君達四年級は——其の時四年級ぢやつた——此の學校の正氣の中心ぢやから、現代教育界の腐敗を廓清する爲にストライキをやれえちふんぢや。
我等の一団と彼 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
それは勿論正氣からはちがひとえる自分ながらつてるとなれど、ちがひだとてなしに間違でもなく
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
流石の男も、少し正氣になつて、激した口調で
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)