“せいき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セイキ
語句割合
旌旗26.6%
生気19.5%
凄気15.6%
正気7.0%
世紀5.5%
腥気3.1%
清規2.3%
清輝2.3%
生氣2.3%
精氣2.3%
成規1.6%
正氣1.6%
精気1.6%
凄氣0.8%
制規0.8%
悽気0.8%
成器0.8%
族旗0.8%
星旗0.8%
星輝0.8%
正旗0.8%
腥氣0.8%
青帰0.8%
青気0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに、双方とも長い旌旗を持っているのですが、僕は最初、それを旌旗の入れ違いから推断して、犯人の殺人宣言と解釈したのです。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
風が変って海霧が流れ、雲とも煙ともつかぬ灰色の混濁の間から、雪を頂いた、生気のない陰鬱な島の輪郭がぼんやりとあらわれだしてきた。
海豹島 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「しかし、あの虹の告げ口だけは、どうすることも出来ません」と法水はさらに急追を休めず、凄気を双眼にべて云い放った。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
あのうたた気持——正気のあるような、いような、んともえぬうつらうつらした気分なのでございます。
こうして、明治三十四(一九〇一)諭吉は、六十八さいの正月をむかえました。それは、あたらしい世紀、二十世紀のはじめのでした。
彼は、湯鑵に新しく水をいれて来て火鉢に炭をつぎ添へてかけた。彼は水にやかましかつた。近所の井戸のものには腥気があるとか、鹹気があるとかいつて用ひなかつた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
コロムボで名高い釈迦仏陀寺ふたが、近年スマンガラ僧正の歿後は僧堂の清規はないらしく、大勢の黄袈裟を着けた修行僧は集まつて居るが、寺内の不潔に呆れる外は無かつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
当時、この国では初めて二隻の新艦を製し、清輝筑波と名づけ、明治十二年の春にその処女航海を試みて大変な評判を取ったころである。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ホンノリ血の色がいて處女生氣微動してゐるかと思はれる、また其の微動している生氣を柔にひツくるめて生々しくな肌の色==花で謂つたら、丁度淡紅色の櫻草の花に髣髴てゐる
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
天之を生みて、天之をす、一に天にさんのみ、吾れ何ぞ畏れん。吾が性は即ち天なり、躯殼は則ち天をむるの室なり。精氣の物と爲るや、天此の室にす。遊魂を爲すや、天此の室をる。
示談に成りませうが、私の職務ですから成規に執行致しませう。』
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
〔譯〕濁水も亦水なり、一すれば則ち清水となる。客氣も亦氣なり、一すれば則ち正氣となる。ふの工夫は、只是れ己に克つなり、只是れ禮にるなり。
雪中をする人陰嚢綿にてつゝむ事をす、しかせざれば陰嚢まづ精気る也。又凍死たるを湯火をもつてればる事あれども武火熱湯ふべからず。
此時は一らざるの凄氣たれたのである。此所、千年前つた墳墓である。内部きながらつてつのである。白骨けるにあらぬか。
る者ゆゑ天下の條目成敗の道も少は心得つらんが中にも重きといふは婚姻げの罪科なり之をばく爲時は死罪の刑に處する可し又くなす其時は遠島と制規なるが其方之等を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いや、たんなる山颪しとも思えないそれは悽気をふくんだ家鳴りをなし、とたんに、天井でも落ちてきたような塵埃のかたまりが、墨みたいに捕手たちの松明を吹きつつんだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長子止所が家を嗣いだ。号は厚朴軒である。艮の子成器は陸軍砲兵大尉である。成器さんは下総国市川町に住んでいて、厚朴軒さんもその家にいる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
武都・陰平の二城を取った孔明は、さしずめ戦後の経策と撫民のため、そのほうへ出向いているにちがいない。祁山の本陣には依然、孔明がいるような族旗が望まれるが、おそらく擬勢であろう。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ち星輝びたる波の岸に碎くる處、漁父の歌ふ處、涼風の面をつ處なり。歩みて晝間過ぎし所の石橋の上に至りぬ。この時一人の身に大外套を被り、しげに我傍を馳せ去りたるあり。
是は姫路に妹婿土方伴正旗を訪ひ、鳥取に顕忠寺中の兄田中悌庵が墓を展したのださうである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
母屋から廊下傳ひに續いて、其處にはしい金銀と、數代につてへた骨董類が入れてあるのですが、三重の扉を開くとムツと腥氣が漂つて、一歩踏み込んだ孫三郎も、思はず足を淀ませました。
そのを挙ぐれば、煩悶異文弁仏説阿弥陀経碑、春秋外伝国語荘子注疏跋、儀礼跋、八分書孝経跋、橘録跋、冲虚至徳真経釈文跋、青帰書目蔵書目録跋、活字板左伝跋、宋本校正病源候論跋
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
すると、の山から一道の青気がのぼって、空中に、霧の如く、ひとりの左慈が姿を見せた。左慈はそのとき、白い鶴に乗っていた。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)