“北斗”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほくと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“北斗”を含む作品のジャンル比率
哲学 > キリスト教 > 聖書16.7%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
九節は「また北斗ほくと参宿しんしゅく昴宿ぼうしゅく及び南方の密室みっしつを造り給う」という。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「なんでもねえとも。しかし、三、四日は乗れねえなあ。北斗ほくとかなんかに乗りゃあいいじゃねえか?」
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)