夏虫行燈なつむしあんどん
迅い雲脚である。裾野の方から墨を流すように拡がって、見る間に、盆地の町——甲府の空を蔽ってしまう。 遽かに、日蝕のように晦かった。 板簾の裾は、大きく風に揚げられて、廂をたたき、庭の樹々は皆、白い葉裏 …
作品に特徴的な語句
女々めめ ます 逐電ちくてん まこと 惜気おしげ ろく 将棋しょうぎ 嶮岨けんそ 手数てかず 其日そのひ 自嘲じちょう 破目はめ 快哉かいさい 冥途あのよ 凄愴せいそう 突嗟とっさ らん 寝呆ねぼ 小禽ことり 怏々おうおう 後詰ごづめ はや 吩咐いいつ 小突こづ 裾模様すそもよう 電光いなびか 冷酒ひや 暁闇ぎょうあん 寝転ねがえ 茅屋ぼうおく 雷鳴かみなり じょう 武州ぶしゅう 看護みとり 身躾みだしな 闇路やみじ 呪咀じゅそ 一腰ひとこし 雲行くもゆき 事情わけ 垂涎すいせん 書籍ほん 幕府おかみ 灯皿ひざら 評定所ひょうじょうしょ 上流かみ 末始終すえしじゅう 羅衣うすもの 落々おちおち 据物斬すえものぎり 其女そなた 老婆としより 魔形まぎょう 平城ひらじろ 葉隠はがく 宿縁しゅくえん 絹行燈きぬあんどう 乾門いぬい 釜無川かまなしがわ 絵行燈えあんどん 哀傷いた 紛争いきさつ 選抜すぐ 一暴ひとあ 内曲輪うちぐるわ