夏虫行燈なつむしあんどん
迅い雲脚である。裾野の方から墨を流すように拡がって、見る間に、盆地の町——甲府の空を蔽ってしまう。 遽かに、日蝕のように晦かった。 板簾の裾は、大きく風に揚げられて、廂をたたき、庭の樹々は皆、白い葉裏を翻して戦ぎ立つ—— 『おう。雷鳴か』 …
作品に特徴的な語句
ひとり くらま たしか しょう おこない じば ぴん ぼし うつ かえ さが 電光いなびか かな あで ぶた づめ たば 紛争いきさつ とど なぶ はず かかわ つき どき かたじ 垂涎すいせん 哀傷いた おろか かえ 復讐しかえし うしろ はば そよ あり ほん 選抜すぐ もの いっ こと しっ たしな かっ たくら さん 老婆としより あわただ たしか 彼奴きゃつ たび 所為しょい かか 幕府おかみ つい てい 寝転ねがえ おと まなこ 支度じたく 真紅しんく くち 仲間ちゅうげん 燈火ともしび らん ごう 雪崩なだ ぎわ あらた うれ おのの かわ さまた 冥途あのよ 冷酒ひや 乾門いぬい じっ つか 逐電ちくてん 男女ふたり まろ そむ 明日あした 曲者しれもの おく