中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう05 酉陽雑爼(唐)05 ゆうようざっそ(とう)
第三の男は語る。 「唐代は詩文ともに最も隆昌をきわめ、支那においては空前絶後ともいうべき時代でありますから、小説伝奇その他の文学に関する有名の著作も甚だ多く、なにを紹介してよろしいか頗る選択に苦しむの …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ たが にれ 子細しさい 奇特きどく 元和げんな 倨傲きょごう しょく ほこ 幾重いくえ 夜陰やいん 匹夫ひっぷ きね 法華経ほけきょう すな ひでり 異形いぎょう 蝦蟆がま 茅屋かやや あんず きのこ 奥義おうぎ 磨滅まめつ 機関からくり さかい ばん えんじゅ 判官はんがん きぬ 三更さんこう 人跡じんせき 娘御むすめご 赤児あかご ばく 意趣いしゅ 梵字ぼんじ 颯々さっさつ いのこ 光明こうめい かき はら 拐引かどわか 捕吏ほり 進士しんし わる 大赦たいしゃ 幕下ばっか 焼餅しょうべい 粟粒あわつぶ 読誦どくじゅ 野狐のぎつね ひろ 重々じゅうじゅう 弱冠じゃっかん 竹林ちくりん 使役しえき 江東こうとう おう 一行いちぎょう ひか 糞汁ふんじゅう 侍中じちゅう しょう 筋金すじがね 挙止とりなし くだ 儒生じゅせい 毘沙門天びしゃもんてん 人面瘡じんめんそう 匹婦ひっぷ 布施物ふせもつ 里長さとおさ 騎手のりて 京西きょうせい 柳城りゅうじょう 貝母ばいぼ 寧王ねいおう 庄園しょうえん よう かさ 長白山ちょうはくざん
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)