中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう05 酉陽雑爼(唐)05 ゆうようざっそ(とう)
第三の男は語る。 「唐代は詩文ともに最も隆昌をきわめ、支那においては空前絶後ともいうべき時代でありますから、小説伝奇その他の文学に関する有名の著作も甚だ多く、なにを紹介してよろしいか頗る選択に苦しむのでありますが、その中でわたくしは先ず『酉 …
作品に特徴的な語句
かち ちょう かお がく きもの 光明こうめい ばく 茅屋かやや うつろ きわ かり 腫物しゅもつ いや かく こく 京西きょうせい きょう くさり くだ 判官はんがん 拐引かどわか 野狐のぎつね 焼餅しょうべい だま 燈火ともしび 挙止とりなし かみ うま いん ひる むなぎ しもべ とう 御覧ごらん おど しし 多勢たぜい こん はか 貝母ばいぼ から やす 庄園しょうえん よう かめ しょう かさ あば あざな 薛公せつこう おそ 小児しょうに よし 玳瑁たいまい 糞汁ふんじゅう 粟粒あわつぶ くだ たが 筋金すじがね 筆筒ふでづつ 竹林ちくりん ひそ 髑髏どくろ 磨滅まめつ あお すずり けもの いびき さら 淄青しせい うるし わずら 燈火あかり たか しょく いぬ 猟狗かりいぬ 監軍かんぐん 騎手のりて さかい 異形いぎょう 王申おうしん ばん
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)