中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう15 池北偶談(清)15 ちほくぐうだん(しん)
第十三の男は語る。 「清朝もその国初の康煕、雍正、乾隆の百三十余年間はめざましい文運隆昌の時代で、嘉慶に至って漸く衰えはじめました。小説筆記のたぐいも、この隆昌時代に出たものは皆よろしいようでございま …
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)