“徽宗”の読み方と例文
読み方割合
きそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蹴毬の妙技から、ついに、徽宗帝に知られ、のぼりの出世をとげた法外な成上がり者なることを今でも覚えている者が少なくなかった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは徽宗皇帝の御筆というの一軸である。酒宴が果てて客がみな帰り去った後、夜がけてからかの狐が忍んで来た。
その他哥舒翰がその馬将軍の背に朝章を加え、宋徽宗がその馬に竜驤将軍を賜うたなど支那にすこぶる例多いが