“亀鑑”のいろいろな読み方と例文
旧字:龜鑑
読み方割合
きかん71.0%
かがみ16.1%
てほん12.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
考えて見たまえな、名誉だの、品性だの、上流の婦人の亀鑑だのと、い名は附けるものの、何がなし見得坊なんじゃあないか。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
にしろ婦女亀鑑としてられた御方霊場なので、三浦家でも代々あそこを大切取扱ってたらしいのでございます。
「ほんとだとも、だから、人の亀鑑になる家のおさんが、男をこしらえるなんて、ふざけてる、追んだしてしまえと云ってるのだよ」
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)