“かがみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
59.2%
24.2%
亀鑑4.2%
各務4.2%
空鏡1.7%
加賀見0.8%
香美0.8%
姿見0.8%
明鏡0.8%
玻璃鏡0.8%
羅摩0.8%
0.8%
香々美0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あちらで、それをさまは、はだれでも、があれば、しぜんに自分姿してるのが、本能ということをらなそうに
だまされた娘とちょうの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
これは相撲の番附、こちらが名人、向うが凌雲閣、あれが観音様、瓢箪池だって。喜蔵がいつか浅草へ供をして来た時のようだ。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、その名高さは、女史の歌の秀でていることによるのはもちろんであるが、女史はまた孝の道においても、人の亀鑑となるべき人であったからである。
税所敦子孝養図 (新字新仮名) / 上村松園(著)
ふもとの野一色から各務ヶ原へ出、西から東へまっに貫いている犬山街道を、とつこうつ、眺め渡した。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それをながめた竹童が、試合場中央で飛びあがるように手をふると、あなたにいた木隠加賀見山県の四人、矢来木戸口から一にそこへかけだしてきて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「オオ加賀見——ヤヤ、そちらにおいでばすのは若君? ……」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土佐の韮生の山の中などでは、岩に自然のが出来ているのを、昔山姥が麦を作っていたの跡だといいました。(南路志。高知県香美郡上韮生村柳瀬
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
香美山北の社に祀る神石も、昔この村の人が京の吉田神社に参詣して、神楽岡の石を戴いて帰って来たのが、おいおいに成長したのだといっております。(土佐海続編。高知県香美郡山北村)
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
風呂敷には、もう一品——小さな袖姿見があった。もっとも八つ花形でもなければ柳鵲があるのでもない。に、円形の姿見である。
明鏡にあらはれぬ
若菜集 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
梅子は玻璃鏡に映れる老婆の影を
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
かれ大國主の神、出雲の御大御前にいます時に、波の穗より、天の羅摩の船に乘りて、の皮を内剥ぎに剥ぎて衣服にして、り來る神あり。
「聞く人のにせむを、しき清きその名ぞ、に心思ひて、虚言の名つな、大伴のと名にへる、健男
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
たとえば美作の苫田郡一宮村大字西田辺香々美村との境なる有木乢には、鐘鋳場という処あって、万福寺の鳧鐘を鋳ると伝え(作陽志)、遠州見付の只来坂は『見付往来』に鐘鋳坂とあり
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)