“かんが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
78.3%
6.9%
官衙4.9%
閑雅2.6%
1.8%
1.8%
0.6%
思考0.6%
0.5%
思慮0.3%
0.3%
嫻雅0.2%
勘考0.2%
嫺雅0.2%
0.2%
0.2%
考想0.2%
考慮0.2%
黙考0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れてゐることはないかとへて見るが、萬事手つてゐる。そこで金太郎は、二時間といふかな時間をもてあましてしまふ。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
だがこの論議は、その影響するところの重大性にみ、明らかなる国名は新聞や放送には発表されなかった。つまり遠慮されたのである。
地球発狂事件 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
いでわたくしは保さんをおうと思っていると、杏奴が病気になった。日々官衙にはったが、公退の時には家路を急いだ。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ここの炉も床の間も、改めて見直せば、元は茶屋にでも使っていたらしい閑雅な造りなのである。そこの小床の棚に、彼の眼をひいた物がある。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
七十一座の神々にらする相嘗祭への弊物に、種目数量の若干の異同があったことは、何かそれぞれの理由が有ったはずだが、それをえてみる力は今の私にはない。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
〔譯〕之を古訓へ、之を師友にすは、人皆之を知る。學必ず之を躬に學び、問必ず諸を心に問ふは、其れ幾人有らんか。
コノお召縮緬小袖を仕立直おさして、あれをこうしてこれをこうしてと、毎日々々えてばッかいたんだ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
私も甚だやりにくいように思考えたことでありました。
風説をすれば影がさす——先哲の識語にみて、温泉宿には薄暗い長廊下が続く処、人の居ない百畳敷などがあるから、逗留中、取り出ては大提灯の怪を繰返して言出さなかったし
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
で、ももう思慮へる無益なのをり、全然失望と、恐怖とのんでつたのである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「そんなにえることはないじゃないか」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
博士も僕等も部屋を定めて置いてから夕飯迄の時間を利用して見物に出掛けた。歴史上幾多の事蹟をめた旧い街あつて一体に嫻雅に満ちた物静な土地である。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
夫人よ、厚顔にもあなたに対して手紙を書いた事をうぞおし下さい。私に取つて会話の際に甚だ嫻雅であると想像せられるあなたの国語を解しないと云ふ事は甚だ遺憾に存じます。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
以つて右忠兵衞儀御呼出し御糺しの上長庵召出され御吟味成し下しれ夫道十郎の惡名相雪ぎ候樣へに願上度之れに此段奉歎願候以上赤坂傳馬町二丁目後家願人みつ 差添清右衞門 家主長助 享保二年三月 南御奉行樣 右の通り訴状め長助猶も倩々勘考へけるに此事件は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼らは貴賤、大小、老幼、賢愚と等しく交わり、その態度は嫺雅優美なりというもおろか、愛情はその目より輝き、その唇に震う。
武士道の山 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
ならぬ輕氣球印度洋上め、乘組人一人櫻木大佐片腕はれた武村兵曹であつたのでへると、孤島櫻木君身邊には、非常異變つて
(三) 子曰く、周は二代に郁郁乎としてなるかな。吾は周に従わん。(同上、一四)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
たゞもなく考想へてにふとんだ一事がある。
私はカクストン氏の思惑などを考慮える暇がなかった。
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
... 夫だから持物や懐中物は一個も無いのだ、エ何うだ恐れたか」大鞆は暫し黙考えて
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)