“おもひ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
47.9%
19.2%
7.5%
理想2.7%
2.1%
想像2.1%
思想2.1%
1.4%
想念1.4%
1.4%
思惟0.7%
志望0.7%
念想0.7%
念慮0.7%
思念0.7%
情思0.7%
情懐0.7%
意見0.7%
愛情0.7%
0.7%
憂思0.7%
本懷0.7%
欲望0.7%
熱情0.7%
空想0.7%
苦悩0.7%
苦慮0.7%
述懷0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心なき里人も世に痛はしく思ひて、色々の物など送りてむる、かの上﨟はりてや、みつきて程もず返らぬ人となりぬ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
娘が居たからつて、格別嬉しいをさせられた訳ではなかつたが、居なくなつて見ると、りに淋しい。また一人法師になつて了つた。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
ぢやの、嬢様つて煩悩きたのぢやの。うんにや、さつしやるな、おらがくツても、いかいかはちやんとえる。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
このつぶさに云ひがたしで、隆吉は、刻み煙草に火をつけながら、ぽつぽつ家へ戻らうかと思つた。
崩浪亭主人 (旧字旧仮名) / 林芙美子(著)
想像の遠く馳するところ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
見れば路の辺の草のいろ/\、其とも分かず皆いづれも同じやうに枯れ果てゝ崩折せり。珍らしからぬ冬野のさま、取り出でゝ云ふべくはあらねども、折からの我がに合ふところあり。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
それは、わたしが常不斷、海にういて、大空を眺めてゐたらば——と思ふ、悠久たる想念と合致した、實行の報告なので、さぞ、さこそ、さもさうあらうと、想像しても樂しかつた。
(旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
おろかなり円位、仏が好ましきものにもあらばこそ、魔か厭はしきものにもあらばこそ、安楽も望むに足らず、苦患も避くるに足らず、何を憚りてか自らを抑へを屈めん、妄執と笑はば笑へ
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
かのひとの思惟にうかぶ
蝶を夢む (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
かのひとの思惟にうかぶ
蝶を夢む (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
ロミオは汝等をば寢室への通路にせうとおやったに、志望げいで、處女のまゝでるのぢゃ。さ、よ。さ、乳母よ。これから婚禮かう。
茫〻と暗路に物を探るごとく念想を空に漂はすこと久しきところへ、例の怜悧気な小僧いで来りて、方丈さまの召しますほどに此方へおいでなされまし、と先に立つて案内すれば
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
されば田原がことの果敢なき筋より出でゝ、媒のも我が身には嬉しからねど、運は目に見えぬ處にありて、天の機は我々が心に量り難きに、年來ねがひたる念慮の叶ふべきかと
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
えゝも、乳母めは跛足ぢゃ! 使者には思念をこそ、思念遠山蔭追退ける旭光さよりも十いといふ。
うつくしきの、葉柳たる忍姿を、落人かとれば、らんや、情思隱顯む。ふるものは、たはれか、あらず、大沼金鱗にしてなる
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
初雁音も言づてぬ南の海の海遥なる離れ嶋根に身を佗びて、捨てぬ光は月のみの水より寒く庇廂洩る住家に在りし我が情懐は、推しても大概知れよかし
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ねんごろなるこの意見は、人のよりも大いなる釘をもて汝の正中に釘付けらるべし 一三六—一三八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
往つての小さいのを捜してらつしやいよ。常春藤の葉つ葉は、小さければ小さい程愛情が深いんですつて。
折に触れては知らぬ趣きを見いだしつ、かゝるおもしろさもありけるものを、むかしは足らで由無くも云ひくだしたるよ、と悔ゆることあらん折は、花のおもはんところも羞かしからずや。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
いけるもの死ぬべくあるを大君の軍に死なば本懷足りなむ
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
もしも彼女がうんと言つて自分の欲望を叶へ、然るべくらつて呉れない暁には、何をしでかすか分つたものぢやない。
ジエィン! 一言の非難もしないの? 何も辛くはないの——何もみはしないの? 何一つ心をき亂しもせず、熱情を刺すものはないの? あなたは、私が坐らせたところにじつと坐つて
雲流れ少年はるかなる空想
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)
のつそりだけで済して居たらば此様に残念な苦悩もすまいものを、分際忘れたが悪かつた、嗚呼我が悪い、我が悪い、けれども、ゑゝ、けれども、ゑゝ、思ふまい/\
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
源太胸には苦慮あれども幾干か此に慰められて、猪口把りさまに二三杯、後一杯をく飲んで、れと与ふれば、お吉一口、つけて、置き、焼きかけの海苔畳み折つて、追付三子の来さうなもの
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)