ディカーニカ近郷夜話 後篇ディカーニカきんごうやわ こうへん02 降誕祭の前夜02 こうたんさいのぜんや
降誕祭まへの最後の日が暮れた。冬の、よく澄みわたつた夜が来た。星はキラキラと、輝やきはじめ、月は、善男善女が楽しく讚仰歌を流しまはつて基督を頌へることの出来るやうに、あまねく下界を照らすため、勿体らしく中空へと昇つた。寒気は朝よりもひとしほ …
作品に特徴的な語句
外套トゥループ あのひと そち 彩色ぬり ルーブリ 気合そり 女房かかあ 妖女ウエーヂマ 機会しほ 麻布ぬの とつ 機会をり 下袴ザパースカ 彩色いろつけ 一片ひとかけ さが 下袴サパースカ 蹄鉄くつがね つか 街路とほり 原因いはれ 和尚おつ つれ 諧謔じようだん 地方ところ うづた あま よろ 油燈カガニェーツ 動作ものごし ぱし 復讐しかへし とつ 欲望おもひ 主婦かみさん くだ 教父おとつ 把手とつて 刺繍ぬひ めえ とう 雄鶏とり 彼女あいつ 嬰児みどりご 長櫃スンドゥーク ぱら 梵妻おだいこく 最初はな 整理きりもり びつこ 退 もぐ 煖炉ペチカ 鉄板てつ 悪戯いたづら 彩色いろど 幸福しあはせ 触角ひげ 家畜もの かひな 狂気きちがひ 狡獪ずる 老獪ずる 女房かみさん くみ 親友ともだち 皇軍みいくさ 喃語むつごと たか へり 真実まこと 被布かつぎ 首府みやこ 同胞きやうだい 霊魂たましひ 破片かけ 飛翔とび きた 精霊すだま 僧侶ばうず 顔料ゑのぐ 何品なに 戯画ざれゑ 蹄鉄かなぐつ 煙脂タール ねぎ 狂人きちがひ 親父おやぢ 玩具おもちや やせ まなこ 沢山たんと 結着けり 真暗まつくら
題名が同じ作品