ディカーニカ近郷夜話 後篇ディカーニカきんごうやわ こうへん02 降誕祭の前夜02 こうたんさいのぜんや
降誕祭まへの最後の日が暮れた。冬の、よく澄みわたつた夜が来た。星はキラキラと、輝やきはじめ、月は、善男善女が楽しく讚仰歌を流しまはつて基督を頌へることの出来るやうに、あまねく下界を照らすため、勿体らし …
作品に特徴的な語句
いが 一歩ひとあし ねぎ 共謀ぐる 抵当かた 現今いま 狂気きちがひ 衣嚢かくし 酒宴さかもり 何奴どいつ 原因いはれ 近眼ちかめ 被布かつぎ 弾機ばね 霊魂たましひ 飛翔とび 陰影かげ 方向むき 低音バス 主婦かみさん 煖炉ペチカ 塗師ぬりし 狡獪ずる 情事いろごと 雄鶏とり やもめ 歩調あしどり 街路とほり 家畜もの 彩色ぬり 紡錘つむ 遠路とほみち 反響こだま 御足おみあし たぶら 地方ところ 装飾かざり 長櫃スンドゥーク 呪術まじなひ カペイカ すき 長椅子デイヴァン 蹄鉄くつがね 女主人かみさん 梵妻おだいこく 幌馬車キビートカ 彼得堡ペテルブルグ 皇国みくに 肥満ふと 親友ともだち 鉄板てつ 精霊すだま 気合そり 動作ものごし たた 何品なに 打傷うちみ 金絲きん 顔料ゑのぐ 整理きりもり 妖女ウエーヂマ 触角ひげ 首府みやこ 下著プラフタ 太鼓腹プザートゥイ 混合酒ワレヌーハ 煙脂タール 軋音きしみ 鍛冶場しごとば 長髪かみ 欲望おもひ 火酒ウォツカ 長上衣スヰートカ 戯画ざれゑ 編髪くみがみ 側壁わきかべ 皇軍みいくさ 精進落しようじんおち 皇帝ツァーリ 肥満漢ふとつちよ 大外套シューパ 結着けり 油燈カガニェーツ 下袴ザパースカ 凝乳スメターナ 喃語むつごと 婦人服コーフタ 揚煎餅コールジュ 煙臭きなくさ 犬除いぬよ 白麺麭クニーシュ 逆吃しやつくり 毛皮外套トゥループ 教父クーム
題名が同じ作品