“煙脂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やに75.0%
タール25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
煙脂がらうとして羅宇空隙して滿ちるはつんとした刺戟ずるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
見ましたが煙脂で真黒に染って居ますうしても余程の烟草です煙草入を持て居ない筈は有ません
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
また、二週間おきにポルタワのへ出かける煙脂屋で、村の連中が腹の皮をよるやうな冗談や駄洒落を連発するミキータも坐つてゐることだらう。
煙脂の方が良いやうだね。」と、村長は答へた。「ぢや、御免よ、チューブどん!」さう言つて、ぐつと帽子を目深くかぶると、彼は戸外へ出て行つた。