“煙脂”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やに75.0%
タール25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煙脂”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
卯平うへいきつけたかみ煙脂やにみた煙管きせるをぢう/\とらしながらむづかしいかほしばらけなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
孫四郎はかう云つて煙脂やにだらけの黒い口をあいて笑つた。
また、二週間おきにポルタワのいちへ出かける煙脂タール屋で、村の連中が腹の皮をよるやうな冗談や駄洒落を連発するミキータも坐つてゐることだらう。
煙脂タールの方が良いやうだね。」と、村長は答へた。「ぢや、御免よ、チューブどん!」さう言つて、ぐつと帽子を目深くかぶると、彼は戸外そとへ出て行つた。