花のいろ/\はなのいろいろ
梅 梅は野にありても山にありても、小川のほとりにありても荒磯の隈にありても、たゞおのれの花の美しく香の清きのみならず、あたりのさまをさへ床しきかたに見さするものなり。崩れたる土塀、歪みたる衡門、あるいは掌のくぼほどの瘠畠、形ばかりなる小社な …
作品に特徴的な語句
おふ 面貌つらつき にはか あはひ おほ おもひ あらは よそ たと あぢはひ ひい 気質こゝろ から かぐ へだゝ いづ おびやか 淡紅うすくれなゐ あたゝ 湿うるほ がほ 一葉はらん 徘徊たもとほ けがれ ひら はね やはらか つめた いにしへ そら さか さま 活計みすぎ つかへ くき しを ずゐ あら 侍婢こしもと はえ しに 異邦ことくに いや 種子だね 茅屋かやや 譬喩たとへ 魂魄たましひ 便たより かたよ とげ 勿論もとより かな 単弁ひとへ 即日そのひ 塵寰ちりのよ 夕陽ゆふひ ゆる 尽頭はづれ かすか しん たちまち めぐみ ふみ から 温順すなほ ひとり まこと むら かざし したみ 虚妄いつはり みづち まみ さか わす 酒盃さかづき 鵲豆ふぢまめ 一本ひともと たけ 主人あるじ 二本ふたもと 二葉ふたば つかさど から 唐土もろこし たか