“一葉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひとは48.0%
いちよう40.0%
いちえふ6.0%
いちは2.0%
はらん2.0%
ひとつ2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西風ちる西岸をざわ/\とがす。東岸土手うてげる土手枯芝一葉づゝしくけた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一葉さんの小説の男などがその例ですが、女の書く女も大抵やはり嘘の女、男の読者に気に入りそうな女になっているかと存じます。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
近所くからげさうな、が、掻垂眉のちよんぼりと、出張つたにぶらつた愛嬌造り、とると、なき一葉がたけくらべのの、横町三五郎る。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そうしてお仙やお藤のように、詩人や墨客からも認められた。彼女の出ている一葉茶屋、そのため客の絶え間がなかった。お杉はこの頃十七であった。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
葉は一葉をいたく小さくしたるが如く、一つの茎に花の六つ七つ五つ咲くさまは玉簪花の如し。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
写真の裏に一葉々々、お墨附があってよ。年、月、日、西岡時彦写之、お貞殿へさ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)