“一葉女史”の読み方と例文
読み方割合
いちえふぢよし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なつた一葉女史が、たけくらべといふに、狂氣街道といつたのはからださうだ、うつかりするな、しいよ、と北八警戒す。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
一葉女史はおのれと園生にありてにおほしられし下葉なり中島にいにしへぶりのしなたかきをさとしへれど性來のすきによのちかく今樣情態
うもれ木:01 序 (旧字旧仮名) / 田辺竜子(著)
に——丸山福山町に、はじめて一葉女史ねたに、つき、銀杏返し、前垂掛姿に、部屋られてると、勝手元から、島田の十八九、色白で、のすらりとした
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)